この地域で唯一無傷で現存している国宝の城

松江城は、現存している日本の12の城の1つであり、国宝指定された5城の内の1つです。ここでは壮大な侍の歴史を探索できます。

おすすめ

  • 城の天守の最上部からの360度の景色
  • 作家ラフカディオ・ハーンのお気に入りの城山稲荷神社
  • 眺めが良い堀川での川めぐり

アクセス方法

松江城は、電車、バス、飛行機で行くことができる松江駅から簡単にアクセスできます。

東京から新幹線を利用して岡山まで行き、JR特急「やくも」に乗り換え松江駅で下車します。所要時間は約6時間です。東京からは素晴らしい夜行列車「サンライズ出雲 」を利用したり、夜行バスも利用できます。東京から松江近くの空港へ毎日飛行機が運航しています。

城は松江駅からわずか2キロメートルのところにあり、城の入口前を通るバスがたくさんあります。最も便利なのは「ぐるっと松江レイクラインバス」で、この城下町の多くの観光スポットを安く簡単に回ることのできるワンデイパスがあります。

千鳥城

日本に現存する城の中で2番目に大きいこの城は、その形と黒色の外観から千鳥城とも呼ばれています。藩の政庁をここに移動することが決まった後の1611年に建設が完了しました。

将軍徳川家康(1543-1616年)の直系の子孫である松平家が長い間居城し、素晴らしい茶道の推進者であった7代藩主「松平治郷(はるさと)(不昧公)」が松江を茶道の三大中心地の1つにしました。

何世紀にもわたって使用され、滑らかになった黒っぽい木製の床や階段を歩いて、城内部の各階を探索すると、現存天守で唯一、天守内にある井戸であったり、独特な建築様式などを見ることができます。この木造の要塞の複雑な建築を間近で見ることができます。

最上階からは、城下町や宍道湖まで360度見渡すことができます。

城周辺の公園

城の広大な敷地は現在、城山(じょうざん)公園と呼ばれており、自由に立ち入ることができます。木々が生い茂った丘の城の高い石垣の周りや堀に沿ってたくさんの小道があり、静かで快適な散歩を楽しめます。ここは春の桜の名所として人気があります。

公園内には3つの神社があり、城の裏側の静かな小道を散策するのも一見の価値があります。城山稲荷神社は作家ラフカディオ・ハーンのお気に入りだった神社で、堀の直ぐ近くにあります。この建物の裏側を探索し、ここに祀られて稲荷の神の使いである狐の何百もの小さな像を見てみましょう。

まれな行事の記録

城山稲荷神社は、日本三大船神事の1つで、歌い踊る人たちが乗った船で3日間行われるホーランエンヤの祭りが開始され終了する場所です。10年ごとに開催されており、次回の開催は2029年です。近くのホーランエンヤ伝承館ではこの祭りの全てを知り、観光客で町がいっぱいとなるこの行事のビデオを観ることができます。

天皇のために建てられた迎賓館

城の敷地内には、明治天皇行幸時の松江の御宿所として1903年に建てられた大きな木造の洋風建築の迎賓館「興雲閣」があります。明治天皇は一度もここに滞在していませんが、皇太子嘉仁親王(後の大正天皇)が1907年に3日間滞在しています。

1階には松江の歴史に関する展示があり、2階は皇族にふさわしい現存している家具や装飾の施されたエレガントな部屋があります。

ゆっくりとクルージングして、別の視点から見る

城を訪れる前後に、小型の船で堀と周辺の運河をのんびりとクルージングして、また近くの塩見縄手通 の武家屋敷地区で、城をあらゆる角度から眺めることができます。

船はいくつかの場所から乗ることができ、無料の音声ガイドの歴史の説明を聴きながら名所を見て回ることができます。船には雨に濡れない屋根があり、冬はこたつと毛布で暖を取りながら観光できます。

注目すべき特別な行事

松江城は10月から夜間にライトアップされます。10月初めから10月末にかけて、堀や城の敷地内で何千もの灯籠を見ることができます。この期間中、堀川遊覧船もライトアップされ、特別な夜のクルーズが行われます。

松江城では10月第3日曜日に、ユニークな太鼓祭りが開催されます。通りを直径約2メートルの巨大な太鼓が通ります。観光客など全ての人が太鼓を叩くことができます。



* このコンテンツの情報はCOVID-19の影響により、実際の状態と異なる場合がありますのでご注意ください。

キーワード

松江城の周辺情報

Matsue Castle 歴史
1. 松江城
Matsue Shiroyama Park 自然
2. 松江城山公園
Matsue History Museum 歴史
3. 松江歴史館
Shiomi-nawate Street アトラクション
4. 塩見縄手
Shimane Kenritsu Bijutsukan -Art Museum アート・デザイン
5. 島根県立美術館
Tamatsukuri-onsen Hot Spring リラクゼーション
6. 玉造温泉

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages