アウトドアスポーツ愛好家のための山の楽園

ハイカーに人気であり、スキー場としても人気を誇っており、大山は、西日本で最も荘厳な場所の一つと考えられています。山の形と周辺の自然のままのブナの森により、その山は富士山に匹敵すると見られています。

おすすめ

  • 美しいハイキング道
  • 西日本で最も人気のあるスキー場

アクセス方法

大山は米子駅からバスでアクセス可能です。

米子駅と大山の間を地元のバスが一日平均5回運行しています。繁忙期、週末、祝日には米子駅から大山の主要観光スポットまで循環バスが運行しています。

要点

大山は標高1729メートル

その名前は、「偉大な山」という意味で、火の神の住処であると言われています。

ミニ富士山

国営放送局NHKによる調査では、大山は、日本で最も高い山の比較一覧において、日本最高峰の富士山、日本アルプス の槍ヶ岳に次いで第3位にランクされています。

富士山の文化的重要性と象徴的は、決して誇張することはできませんが、大山または中国 地方での最高峰として、また精神的シンボルとして、称賛されています。

富士山より訪問客数がとても少ないが、圧巻の景観と多彩な歴史面では絶対引けを取らない大山は、旅行客に山に訪れた甲斐のある山だと感じさせてくれて、個人的にも心が満たされる旅行地です。

壮観なハイキング道

大山は、距離と難易度が異なるハイキングコースが縦横無尽に走っています。大山インフォメーションセンターでは、より人気があり、移動が簡単なコースについての基本的な地図と、ハイキングのヒントを入手できます。より冒険的な離れたハイキングコースを試してみたいなら、地元のガイドを雇うことをおすすめします。

高揚する頂上

標高1,729メートルの最高地点剣ヶ峰は、状態が不安定であるうえ、2000年に鳥取県で起こった地震の後、今にも崩壊しそうな状態にあるので、入山は固く禁止されています。

しかしながら、2番目に高い弥山の登山は可能す。標高1,709メートルで、一目に日本海と美保湾の景色が、反対側では中国山脈の山々の比類のない景観を呈しています。

景色の中で日光浴

夏山ハイキングコースは、混み合う可能性がありますがアマチュア登山家にとっては良い選択です。このコースは、ブナの森とイチイ材の地面を通って、弥山の頂上につながるコースです。

夏であれば、日本で最も美しい野草の一部が見られることが期待できます。秋には、赤とオレンジの濃淡の美しい紅葉が見られます。

下山時は、景色の変化を求めて、やや長い循環ルートを通るのもいいでしょう。

このルートでは、石の川平原を渡り、森を通り抜ければ大神山神社に着き、次に石畳の古代の道を降りていくと、718年建立の歴史のある大山寺に着きます。

往復3時間から5時間かかりますが、下山時に長い方のルートを選ぼうと思えば、必ず予備時間をとってください。

代わりのハイキング道

他のハイキング道には、ユートピアコースがあり、それはやや難しいコースですが、ユートピアハットと呼ばれる山小屋までより静かな道を通ります。周遊の旅には6時間ほどかかります。

人気のある大山滝ハイキングコースは、自然のままの森を通り抜けて、風光明媚な2層の滝まで行くコースです。

雪のスポーツ

大山は、西日本の最高のスキー観光地の一つで、地元の人々にとっても都市の住民にとっても人気の行楽地です。

海の素晴らしい景観、数マイルのよく整備されたスロープと豊富な上質の雪が積もり、大山は紛れもなく冬のワンダーランドです。

大山ホワイトリゾートは、ブラックダイヤモンドレベルのスキー滑走コースから初心者の練習用スロープまで、あらゆるコースを提供しています。

手付かずの森や尾根に沿ってスノーシューツアーがあり、パッケージを提供している会社も多いです。詳細はインフォメーションセンターでご確認ください。

聖なる孤立

大山は、「偉大な山」という意味ですが、千年もの間崇拝されてきました。

それ以前は拝み山として知られいましたが、それは「偉大な神の山」と解釈されます。この神は、多くの人々により、加具土命、すなわち火を司る神であると信じられています。

この山は聖なる山で、修験者にとって重要な修行場であり、19世紀後半までそこに踏み入ることは厳しく禁じられていました。この隔離の結果、ブナの森は邪魔されることなく成長することができました。



* このコンテンツの情報はCOVID-19の影響により、実際の状態と異なる場合がありますのでご注意ください。

キーワード

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages