千年の歴史を持つ世界遺産の巡礼路を歩く

熊野古道巡礼路は、世界でも有数の霊道です。和歌山県、奈良県、大阪県、三重県にまたがる本州紀伊半島の山々を曲がりくねって進み、千年以上にわたって悟りを求めて巡礼者たちが歩いてきました。

現代の旅行者は、静かな思索の瞬間を体験し、自然と交流し、日本の精神的な歴史に深く入り込むようになります。

おすすめ

  • 禁欲主義者、侍、天皇、僧侶など、過去の巡礼者と同じ道を歩む
  • 熊野那智大社とその神殿、神道と仏教の融合の完璧な例
  • ルート沿いの荷物シャトルサービスを利用して、荷物無しでトレッキングできます

アクセス方法

紀伊半島を縦横に走る巡礼路は、最終目的地やハイキングの距離によって異なります。この地域への主要な交通ハブは、紀勢本線(別名きのくに線)を使用する大阪、京都、名古屋です。

熊野那智大社と青岸渡寺へのアクセスは、紀勢本線紀伊勝浦駅から那智の滝前までバスで30分です。

同じく紀勢本線のJR新宮駅から徒歩15分で熊野速玉大社にアクセスできます。

熊野本宮大社は、紀勢本線のJR紀伊田辺駅から本宮大社前までバスで2時間です。

概要

巡礼路全体は7つの道で構成されています

2004年、伝統的な道とその聖なる山々がユネスコの世界遺産に指定されました

熊野古道は世界で2つしかないユネスコ世界遺産の巡礼路の1つで、もう1つはスペインのカミーノ・デ・サンティアゴです。

神話上の三足烏は熊野古道のシンボルであり、日本のサッカー代表チームでもあります

神々の住む熊野

熊野地方は、その黎明期から、神々が自然の景観の構造そのものに生息する精神的に強力な地域と見なされてきました。

平安時代(794-1185)、日本帝国の家庭は精神的な悟りを求めてこの地域への困難な旅を始めました。その時から巡礼は次第に広く知られるようになりました。

熊野神社の精神的な三頭政治

熊野三山は、この地域で最も神聖な3つの神社、熊野速玉大社 熊野那智大社 (隣接する青岸渡寺を含む)熊野本宮大社 の総称です。

ともに熊野地方の聖地です。独自に設計され、元々は別々の形式の自然崇拝を提供していましたが、最終的に3つが統合され、主要な巡礼地になりました。

精神的な道標としての王子神社

熊野神社は依然として巡礼の大きな魅力ですが、ルート沿いには小さな神社がたくさん点在しています。王子神社として知られるその目的は、さまよう巡礼者を保護し、指導することです。

神仏習合による宗教的調和

19世紀後半に政治政策が引き離す前は、仏教と神道は、2つの信念体系の融合である神仏習合として非常に平和に共存していました。神道の神々は仏教の神々の先住民の現れであると考えられていました。これは1000年以上の間日本の基準でした。

19世紀になると、仏教は神道から切り離され、多くの寺院や仏像が破壊されました。

今日、仏教と神道の要素が絡み合っていることは比較的まれですが、熊野那智大社と隣接する青岸渡寺は、伝統的な関係をよく表しています。



* このコンテンツの情報はCOVID-19の影響により、実際の状態と異なる場合がありますのでご注意ください。

熊野古道の周辺情報

Kumano Kodo 歴史
1. 熊野古道
M_01505_001 歴史
2. 熊野本宮大社
Oyunohara 歴史
3. 大斎原
Toko-ji Temple 歴史
4. 東光寺(和歌山)
Yunomine Onsen リラクゼーション
5. 湯の峰温泉
Kawayu Onsen リラクゼーション
6. 川湯温泉

Please Choose Your Language

Browse the JNTO site in one of multiple languages