大迫力の雪氷像が街中に立ち並ぶ

冬の北海道で必見の祭典

日本最大の冬の祭典・さっぽろ雪まつりでは、約200の雪氷像を制作するために3万トンもの雪を使用します。毎年2月上旬から始まるこのイベントは、大通公園、つどーむ、すすきのと、3つの会場で開催されます。夜には大通公園の至る所で音楽とプロジェクションマッピングの壮大なプログラムが繰り広げられます。
大通公園の一角で開催される、様々な国の人々が競い合う、国際雪像コンクールも見逃せません。
イベントのテーマは毎年変わるため、何度訪れても楽しむことができます。
----------
Larger-than-Life, Massive Snow and Ice Sculptures Downtown
A must-see wintertime Hokkaido showcase

A total of 30,000 tons of snow is needed to build about 200 snow and ice sculptures for one of Japan’s largest winter events, which starts in early February and unfolds at three locations: Odori Park, Tsudome and Susukino. Evenings also feature spectacular musical projection mapping programs at various spots in Odori Park.
At the end of the park, meanwhile, check out sculptors from a range of countries battling it out in an international competition.
With the theme changing each year, this event is well worth visiting multiple times.

新型コロナウィルス感染症対策