珠玉の逸品を味わう

東京の一流レストランで、世界に認められたフレンチを堪能

有名シェフ、リオネル・ベカ氏が率いる「エスキス」は、2012年に東京の銀座にオープンし、都内でも指折りの最高級レストランとして高い評価を得ています。ワインのスペシャリストである総支配人・若林英司氏と共に、ベカ氏は東京で最も注目を浴びるレストランの一つを作り上げました。オープン1年目には、ヨーロッパの名誉あるレストランガイドに掲載され、多くの人の「一度は訪れたいレストラン」となったのです。
「エスキス」は、ベカ氏の母国語・フランス語で「スケッチ」や「素描(そびょう)」という意味ですが、出される料理は、まるで完成された美術作品のようです。旬の食材であれば何でも取り入れ、シェフがインスピレーションの湧くままに創作する「ムニュ・スポンタネ」と呼ばれるコース料理が提供されます。コースの内容は日々変わり、フランス料理の洗練された技術によって、日本の最高級の旬の食材が珠玉の逸品に生まれ変わります。特に傑出しているのが、アワビの肝ソース添えや、コリアンダー風味のエビのフリット、旬のキノコとトリュフのコンソメスープなどです。
エスキスは、ランチとディナー共に営業しており、それぞれ複数のコースを用意しています。また、ベテランソムリエが料理にぴったり合うよう厳選したワインとのペアリングもお楽しみいただけます。
---------
Experience Culinary Excellence at ESqUISSE
World-class French cuisine at one of Tokyo’s top tables

ESqUISSE, a French eatery helmed by renowned chef Lionel Beccat that opened in Tokyo’s Ginza district in 2012, has made quite a splash as one of the top tables in the city. Along with his Japanese partner, General Manager Eiji Wakabayashi, who is an expert in wine, Beccat has created one of the hottest restaurants in Tokyo. In its first year, ESqUISSE was recognized by a famous European restaurant guide, catapulting it to the top of many visitors' must-dine lists.
ESqUISSE means “sketch” or “rough outline” in Beccat’s native French, but the meals presented here are fully-fledged masterpieces. ESqUISSE offers what Beccat calls a “menu spontane”, drawing on whatever ingredients are in season and inspire the chef in the kitchen. Dishes change daily, always featuring the best of seasonal Japanese ingredients brought to new life with refined French cooking techniques. Standout dishes may include combinations like abalone with liver sauce, fried shrimp appetizers accented with cilantro, or seasonal mushrooms paired with truffle consommé.
ESqUISSE is open for both lunch and dinner, with multiple course options available for each meal. Wine pairings are also available, with drinks hand-picked by veteran sommeliers to perfectly complement the dishes.

新型コロナウィルス感染症対策